不動産投資における注意点

銀行に預けていても、ほとんど利子など付かず意味がないと思われている多くの人が興味を示している不動産投資。株やFXなどに比べ、ハイリスク・ハイリターンではなく、ミドルリスク・ミドルリターンと言えるため、手を出しやすい投資の一つと言えるかと思います。

しかし、銀行にお金を預けているのとは違い、リスクがあると言う事は間違いありません。その為、不動産投資におけるメリットだけではなく、デメリットも十分に理解した上で始める事が大切です。

まず、不動産投資のメリットは、「安定した不労所得を得られる」という点にあるかと思います。給与や年金以外に得る事ができる不労所得。賃料がそれにあたり、マンションを人に貸す事で、そう言った収入を得る事が可能になると言えるのです。その他、首都圏のワンルームマンションの場合、5%前後の高利回りが期待できると言われています。

これは、非常に大きな利回りといえ、こういった高利回りも大きなメリットの一つになっています。これらに加え、相続・贈与税対策として有効利用する場合や節税効果の期待。その他、年金以外の収入確保などと言った利用価値がある不動産投資。これだけ聞くとメリットばかりのように思えますが、もちろん、デメリットと言える注意点も多く、その点においても十分に理解した上で利用する事が大切です。

例えば、不動産投資を始める際には、まとまったお金が必要になります。そのようなお金を銀行からの融資で賄う場合、ローンの返済が必要になってきます。また、不動産を購入する際には、税金や仲介手数料など物件の費用以外にも様々な費用が必要になります。その為、そう言った費用も踏まえての不動産投資が重要になってきます。

そうして手に入れた不動産が万が一、欠陥住宅だったらどうでしょうか?そう言ったリスクも不動産を選ぶ際には付きまとってしまうと言えるのです。また、せっかく手に入れた不動産。自分では良い条件の不動産だと思っていても、実際、借り手が付かないと言う事も少なくありません。

その場合、収入がない上、ローンの支払いのみ継続すると言う場合も十分に考えられるのです。また、実際に住んでもらう事ができたとしても、賃料を滞納されてしまえば空き家も同じこと。そう言ったリスクも十分に考えられるのが、不動産投資となっています。

そう言った不動産投資を避けるためにも、注意しなければいけない点を十分に踏まえ、少しでもリスク回避する事ができるように業者選びなど慎重に行う事をお勧めします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ